はじめての車

お問い合わせ

はじめての車は、初めて自動車を購入する方のために、車の選び方、車庫証明、自動車保険、車検、その他必要な情報をまとめてみました。

初めての自動車保険

自動車保険には任意のものと強制のものとがあります。

強制保険

自賠責保険は別名「強制保険」と言われ、全ての自動車はこの保険に加入しなければなりません。 支払われる対象は人身事故のみです。 支払われる金額の限度額は、障害で120万円、死亡で3000万円、重度後遺障害は4000万円までです。

任意保険

対人賠償保険

対人賠償保険とは、交通事故で歩行者や相手の運転手や乗車していた人に対して怪我をさせてしまったり、 死亡させてしまった場合の損害賠償に対して使われます。先に自賠責保険が使われ、それで足りなかった場合に、対人賠償保険が使用されます。 対人賠償保険の支払い対象は「運転手・記名被保険者、父母、配偶者、子」以外の人に限定されますのでご注意ください。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、交通事故で相手の車や物に損害を与えた場合に保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、搭乗者が、障害を負ったり死亡した場合に保険金が支払われます。 搭乗者とは、運転手と同乗者を指します。

自損事故保険

自損事故保険とは、単独事故や相手の過失が無い場合の交通事故において、運転手が怪我、死亡した場合に支払われます。 この自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯(ついてくることをいいます)されています。

無保険車障害保険

交通事故において、相手が対人賠償保険に加入していない無保険車であって、十分な補償が受けられない場合に支払われます。

車両保険

車両保険とは、事故や当て逃げで車が損害を受けた場合に、車の修理代が支払われる保険です。 自らに過失があっても支払われます。 車両保険には「一般車両保険」「エコノミー+A特約」「エコノミー」の3種があり、保険対象範囲と保険料とのバーターになっています。 一般車両保険は単独事故、当て逃げ、他車との接触による障害を補償します。

人身傷害補償保険

交通事故によって乗車している人が怪我をしたり、死亡した場合に、その責任・過失割合に関わらず、 保険会社が決めた「実損害顎」の保険金が支払われるものです。

まとめ

はじめての車の場合、事故を起こす可能性が非常に高いため、保険料も高いものとなります。 しかし、当サイトで言及した「中古車を乗りつぶす」方向であっても、対人賠償保険(及び自損事故保険)・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・無保険車障害保険には加入しておくことをお勧めします。 逆に、車両保険は不要になるでしょう。

姉妹サイト

株関連サイト

おすすめサイト

ページのトップに戻る