はじめての車

お問い合わせ

はじめての車は、初めて自動車を購入する方のために、車の選び方、車庫証明、自動車保険、車検、その他必要な情報をまとめてみました。

初めての車庫証明

車庫証明とは何でしょうか?正式名称は「自動車保管場所証明書」と言います。 これは、車を所有するにあたって必ず必要となる提出物です。 車屋さんに任すと15000円~20000円かかりますが、自分でやれば3000円でおつりが来ます。 ぜひとも自分で行うべきでしょう。 なお、車庫証明を取得するタイミングは車の購入契約を終えた後で十分です。 納品までに行ってしまいましょう。

では、車庫証明はどのように行えばいいのでしょうか。大体以下の流れとなります。

車庫証明の書類を入手する

最寄りの警察署に行って貰ってきても良いのですが、最近はインターネットからダウンロードできますので、そちらの方が良いかもしれません。 軽自動車と普通自動車で提出する書類が変わりますのでご注意ください。

普通自動車の場合の車庫証明書類

普通自動車の場合に必要となる車庫証明書類は以下の通りです。

軽自動車の場合の車庫証明書類

軽自動車の場合に必要となる車庫証明書類は以下の通りです。

車庫証明書類のダウンロード

警察署のサイトを確認したところ、よくまとまっていたのでそちらを見たほうが早いです。

普通自動車の場合

[警視庁] 自動車の保管場所証明申請手続

自動車の保管場所が自宅であれば「保管場所が自分の所有地で普通車の申請の場合」の「申請様式」の4枚をダウンロード、
自動車の保管場所が貸し駐車場であれば「保管場所が貸し駐車場で普通車の申請の場合」の「申請様式」の4枚をダウンロードしてください。

軽自動車の場合

[警視庁] 軽自動車の保管場所届出手続

軽自動車の保管場所が自宅であれば「保管場所が自分の所有地で軽自動車の届出の場合」の「申請様式」の4枚をダウンロード、
軽自動車の保管場所が貸し駐車場であれば「保管場所が貸し駐車場で軽自動車の届出の場合」の「申請様式」の4枚をダウンロードしてください。

書類に記入し押印する

上記URLの「記載例」を元に記入しましょう。 記載例がかなり丁寧にかかれていますので、当サイトの出番はなさそうです。 そちらをご参照ください。

警察署に行き、書類を提出する

書類を提出する際に、3000円でおつりがくる程度の印紙と手数料が必要と言われますので、その場で購入して貼り付けてください。 また、このタイミングで「使用の本拠の位置が確認できるもの」の確認があるかと思いますので、運転免許証を持っていくといいでしょう。 なお「使用の本拠の位置が確認できるもの」として提出する免許証などは、本人が窓口に行く場合はその場で現物を確認してもらえますので 持っていくだけで良いですが、本人以外が窓口に行く場合はコピーが必要です。
受付時間は午前8時30分から午後5時15分までです。

提出したら、4営業日ほど待つ

恐らくその場で詳細のアナウンスがあるかと思いますが、通常、車庫証明が発行されるまでに4営業日ほどかかります。 大人しく待ちましょう。

姉妹サイト

株関連サイト

おすすめサイト

ページのトップに戻る